酒飲亭いさんの落語ごろごろノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 二つの落語会

<<   作成日時 : 2011/07/09 06:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

7日は病院のホスピス病棟で、
そして8日は老人会で噺をさせていただきました。
老人会の皆さんがよく笑う方々だっただけに、
よけい前日のお客様の様子が気になりました。

ホスピス病棟は、患者さん3名、付き添いのかた1名、
看護士さんは20名くらいでしたか。
患者さんが少ないのは、
会場まで来る体力の問題なんだと思います。
表情が若干かたいままだったのは、
噺がマズイのはもちろんでしょうが、
痛みがあったりしたのでしょうか。
看護士さんたちの反応がいいだけに、
余計なことを考えちゃいます。

私はどうもステレオタイプの見方をしがちなので、
落語をやるときは極力そういうことを考えないようにしてます。
何がしかの、例えば同情的な気遣いは、
噺をつまらなくするような気がします。
事前にはもちろん考えます。
不穏当な部分がないかチェックしますが、
高座に上がれば後はやるだけです。

そうは言っても、二つの落語会、この落差。
年はたぶんそう違わない。

どんな顔で落語をすればいいのでしょう。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
二つの落語会 酒飲亭いさんの落語ごろごろノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる