酒飲亭いさんの落語ごろごろノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 信夫の麓寄席

<<   作成日時 : 2011/08/30 13:31   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

29日は「信夫の麓寄席」、
いつもの文化センターから音楽堂に会場を変更してます。
どちらも信夫山の麓なのは同じです。
私は仕事の都合で、出番もネタもプログラムから変わりました。
わがままをさせていただいております。

今回は米沢の落語長屋からお二人来演。
立花亭小道さんと田舎家鯉志さん。
落語長屋は我々よりも歴史のある秘密結社?
7名の構成員で、一度公演にお邪魔しましたが、
さすが歴史のある会、達者な面々が揃ってます。
ウチの会より実力は上じゃないかと…
小道さんは、昨年の「あまちゅあ落語こんてすと」の優勝者。
志ん朝ばりのスピード感のあるトークはずば抜けています。
鯉志さんもマクラを工夫しています。
お客様をしっかり掴んで「猿後家」へ。
私の持っていた、この噺のジミな印象を変えていただきました。
彼のいかつい容貌とミスマッチな噺で笑えました。
「らくごのくに」に出演いただきたい方が増えました。

最近、他所の会との交流が増えてきて、
未知の方の噺が聴けるのは本当に楽しみです。
これも笑遊さんをはじめメンバーの広い度量のおかげです。
みなさんから話を聞くと、
福島のように頻繁に落語会が開けるのは珍しいらしい。
たしかに、サポーターも演者も数がいないと難しいでしょうし、
喜んで世話役を引き受ける、
笑遊さんや新井田さんのような存在なしには考えられません。
そして何より毎回足を運んでくださるお客様があって成り立っています。
ありがたいことです。

期待してお見えになるのに、
出番もネタも変えるってぇのはどうなんでしょう。

そういえば、昔のことを思い出しました。
大学の頃に開いた落語会。
小さん師匠がトリで、前座に朝太さん(現志ん輔師)をお願いしてました。
朝太さんが若干遅れてしまい、
すでに来ていた小さん師匠が先に上がると言い出したのです。
結局、間に合って事無きを得たのですが、
小さん師匠からひどく叱られておりました。

出演の約束は重いものです。
最近、けっこうアブナイ約束をしてるような気がします。
心しないといけません。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
信夫の麓寄席 酒飲亭いさんの落語ごろごろノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる