酒飲亭いさんの落語ごろごろノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 小唄 一重会

<<   作成日時 : 2012/01/23 18:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
昨日のK町内会の新年会、
いや〜久し振りにシンドかった。
アットホームな町内なんですね、
子供も参加で70人くらいも居たでしょうか、
乾杯したとたんにガヤガヤおしゃべりが始まりました。
ほとんど誰も聞いてない…
せっかくお呼びいただいたのに会長さんゴメンナサイ。
私には荷が重かったようです。

帰るとき、前の職場で大変お世話になった
測量事務所の方に声をかけられました。
あら、こちらの町内だったんですね、お元気そうでなによりです。
考えると、仕事以外でお会いするのは初めてです。
若いと思ってましたが、いいお父さんなんですね。
お話できて嬉しかったです。


大急ぎで小唄一重会へ、
バタバタの精神状態のまま飯坂温泉の会場に到着。
すでに「おさらい会」は始まっています。
慌てているときは得てしてこんな事になるものですが、
席について小唄を聞いてるうちに落ち着いてきました。

三味の音と、小唄の調べ、
だんだん浮世から遊離していく感じです。
艶っぽい唄の文句、三味線も爪弾くようなゆるい雰囲気。
いいですね、こういう世界が日本にはまだあるんです。

単身赴任で浦安の旧市街を歩いていたとき、
三味線の音が流れてきたことがありました。
営業中でしたが、いっぺんに昔にタイムスリップ。
お江戸の近くはやっぱり違うなぁー。

おさらい会のあいだに挟まって「火焔太鼓」。
道具屋さんが大もうけする噺です。
一重師匠のお弟子さん達は、
男性ならいわゆる旦那方、女性は女将さんてな雰囲気。
ご商売が繁盛しますようにというこころです。

おさらい会の後は打ち上げに。
このお料理が豪華。
ここ祭屋湯佐衛門に泊まったっことがあったけど、
食事はもっと質素だったような…
豪華なコースなんだろうなぁ。
私は宴会の盛り上げ担当。
このために来てるようなもんです。
酒席の小噺は自分でもほれぼれするような出来。
お客様のニーズに合っていたんでしょう。

いい年代の皆様、いくつになっても色恋が身近にあるって、
たぶん元気の源なんじゃないでしょうか。
一重会が益々盛んになりますように。
また半年後にお会いしましょう。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小唄 一重会 酒飲亭いさんの落語ごろごろノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる