酒飲亭いさんの落語ごろごろノート

アクセスカウンタ

zoom RSS AOZ寄席

<<   作成日時 : 2012/10/14 11:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

13日は18:00から「AOZ寄席」、
私は日中仕事をすませて会場へ駆けつけました。
この日は晴天、イヤ〜日に焼けました。
首は赤くなってヒリヒリするし、
顔は火照って、お酒飲んでるの?てな感じです。
使ってる日焼け止めの効果????

この日の出し物
ツイ輝     のっぺらぼう
笑遊      権助提灯
小笑      漫談&マジック
立花亭小道  猫と金魚
いさん      品川心中
平三       目黒のさんま
すゞめ       質屋蔵
ニ松亭ちゃん平 透視眼
とんぼ      親子酒

この日の目玉は何と言っても、
三代目社会人名人ちゃん平さんと米沢の小道さんです。
期待に違わずいいものを見せていただきました。

小道さんは本編は勿論ですがマクラが楽しみ、
マクラには落語センスの凝縮みたいなところがあって、
この人はきっと創作もいけるんだろうなァと思います。
でもお仕事も忙しいご様子ですし、
なかなか没頭できないところが社会人落語家なんでしょうね。
私も前の会社ではこれが結構ストレスでした。
落語的な感覚だと、会社生活に支障が出るんですなァ…
私の場合は単に不器用なだけ?

ちゃん平さんは、こっちの見る目がそうなんでしょうが、
さすがに堂々とした高座で圧倒されます。
余計なことを考えずに頭をカラッポにして楽しめます。
アマでこういう感覚を持てる人は正直なかなか居ないですよ。
どうしてもアラというか、なんかヘンてな感じがつきまといます。
透視眼って初めて聴いた噺で、
原作はあるんですが、彼の創作力というかセンスというか、
ちゃん平色の出た噺になってました。
「これなら何処へ行ってもカブル心配が無いもんで…」
という彼の説明に、ナルホドと納得。
もっともカブルって意味が我々とはレベルが違ってましたがね。

仲間内では、すゞめさんの「質屋蔵」がネタおろし?
惜しいなぁと思ったのは、「繻子の帯」って言われて、
イメージできる人ってあまり居ない?
たぶん自分の思ってた半分も表現できなかったんじゃないでしょうか。
私も気に入った音源をコピーして、
出来上がったモノが似ても似つかなくて唖然とすることが…
まっよくあることなんでしょうなァ。
とんぼさんの「親子酒」、トリにふさわしい安定感があってお見事でした。
エラそうに言ってる私は「品川心中」、
衣替えのお題だったもんですから…
これをやるんなら時間をもっと詰めないといけません。

ところで次回のAOZ寄席は11/11、
ええっ、「らくごのくに」が11/10じゃないですか。
こりゃ大変だ!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
誉めすぎです。本当にありがとうございました!とっても楽しかったです。福島は私が一番出かけている「会」です。とってもやりやすいです。お客様と演者のみなさんが「良い空間」を作っているんだと思います。さすがですね。今まで培ってきたものがにじみ出ていますね。ぜひ、これからもよろしくお願いします。
実は、いさんさんの日焼けがとても気になってました(笑)
『品川心中』よかったですねぇ。いさんさんの落語は毎回そうですが、どうってことのない台詞の場面でも「落語そのもの」になるのが本当にすごいと思います。おもしろかったです!
ちゃん平
2012/10/14 21:25
遠路おいでいただきありがとうございます。
そうでしたか、日焼けがきになりましたか、
ハナシ家にあるまじき顔色なんで人前にでるのがちょっと恥ずかしい(笑)
ちゃん平さんの高座はいつも刺激になります。
どうも近頃マンネリ気味だったもんですから…
またお会いできることを楽しみにしています。
いさん
2012/10/15 06:03
お礼が遅れまして
申訳ございません。
週末大変お世話になりました。

品川心中
凄かったです。勉強になりました。
いったいは
もちネタ何本あるの?

私も頑張ってネタを増やさないと
いけないかな〜?
小道
2012/10/16 22:53
小道さん、どうもお晩でございます。
ご一緒できて色々な思いが頭を駆け巡りました。
小道さんの直後の出番でしたので、
集中して「猫と金魚」を楽しみたいし、
自分の噺は気になるし、
頭の中は支離滅裂でした。

んっデジャブ…、なるほどここで繋がるんだ。
やっぱりこのくらいテンポよくいくとイイネ!
これですよ、これが落語です。
お客さんがスンナリ引き込まれていますねェ。
こりゃ後でやるのはタイヘンだァァァ
この調子はマネできないんだから自分のスタイルで、ねっ、自分のスタイルですよ…
あれっ白木屋のお染だっけ、小染だったかな?

なんてなことで結構テンパってました。
でもこんな刺激的な緊張感、
クセになりそうです。
また是非ご一緒してください。
いさん
2012/10/17 21:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
AOZ寄席 酒飲亭いさんの落語ごろごろノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる