酒飲亭いさんの落語ごろごろノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 八重の桜

<<   作成日時 : 2013/01/07 22:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

NHKの大河ドラマ、始まりましたね。
会津の観光施設では去年から盛んに宣伝しておりました。
けっこう頻繁に会津美里町でお世話になってる者としては、
これを見逃しちゃマズイいんですよ。
マクラでおしゃべりしなくっちゃ。

なかなかイイ感じのスタート。
子供が出てくると、いい年の大人はそれだけでコロっと参っちゃいます。
会津の秋霜烈日な気風のなかにも人情味のあるエピソードもいいし、
象山の破天荒な博覧強記ぶりも面白い、
激動期のなかで志の高い若者達も清々しい。
ツボを心得た脚本、今後の展開が楽しみです。

見ていて、何となく磐梯山の形がいつも見ているのと違うような…
若松からだとこうなのかな?
ああ、明治に大爆発してるからかァ、爆発前はこうだったのか。
などと勝手に納得。ホントはどうなのかは分りません。

大河ドラマのご当地は観光の追い風になるのでいつも盛上がるんですが、
こと会津に関しては観光のみならず、
心ならずも賊軍の汚名をきたという複雑な思いもあって、
このドラマに会津人の気持ちを描いてほしいという期待が大きいように感じます。
京都守護職を引き受けた容保公、火中の栗を拾う危険を承知で請け負い、
その危惧の通りに事態は最悪の展開になっていきます。
明治新政府になってからの斗南移転などの辛酸。
そして何より、会津城下での戦争。
戊辰戦争での長州への恨みはお年寄りにはいまだに残っているようです。
同じ官軍でも薩摩に対する感情とこれ程違うのはドウシテ?

容保公が亡くなるまで身に付けていたという、
孝明天皇からの、京都での忠勤に感謝する書状、
今も何処かの銀行の金庫に保管されている会津人の誠の証。
こうした思いがドラマのなかで描かれることを祈っております。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
八重の桜 酒飲亭いさんの落語ごろごろノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる