酒飲亭いさんの落語ごろごろノート

アクセスカウンタ

zoom RSS ハメもの

<<   作成日時 : 2013/05/02 06:32   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

数日前、枝雀師匠の「愛宕山」を聞きたくてTUTAYAさんへ、
誰か借り出しているようで、いつもの棚にありません。
米朝師匠のがあったので、これを借りてきて早速聴取。

「…なんせ春先、遠山に霞がたなびいて、
       空には…、その道中の賑やかなこと」
キメ台詞に続いて三味線(ハメもの)が入ります。
おお、始まったなぁ、てな感じ。
上方落語ではこのハメものが入る噺が多い。
子供の頃は、カッタルイ演出だなぁと感じてましたが、
最近(ホントここ2〜3年です)は、
けっこういいんじゃないてな感覚になってます。
噺の物語性が強調されてアクセントになってます。

そうは言っても、なんと申しますか、
歌って踊るインド映画を見てるような、
おっ、始まった始まった、という感じはします。
初めて生のハメものを聞いたのは米朝師匠の「地獄八景」でした。
大学1年の時、感動で腰が抜けた、衝撃の高座でしたね。
あれ以上の体験をしていません。

慣れてきたのは、素人衆もやってるのを見てからかなぁ。
ホント普通に入れてますからねぇ。
これはなかなか大変なこと、
第一、三味線の出来る人がいないと話になりません。
それだけ芸事をやってる人の裾野が広いんでしょうなぁ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハメもの 酒飲亭いさんの落語ごろごろノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる