酒飲亭いさんの落語ごろごろノート

アクセスカウンタ

zoom RSS サゲの前に落ちた

<<   作成日時 : 2013/07/21 09:43   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日、高座が崩壊して頭から落ちてしまいました。
サゲを言う前に落としてしまったわけです。
周りの皆さんの心配具合から察するところ、
正座の姿勢で固まったまま真っ逆さまという
ハデな落ち様だったみたいです。
頭頂部に衝撃を感じたので、
前方パイルドライバーてな感じでしょうか。

「スローモーションのように落ちていった」と、
言われたんですが、どうして受身をとらなかったんでしょう?
自分の実感と、見ていた方々の証言を元に再現すると、
こんなところでしょうか。

「幇間腹」で一八が覚悟を決めて、
腹を出して後ろにそっくり返るシーンです。
後ろに手を付こうとした時、
グラっときて高座が前方に崩壊した訳です。
後ろに重心を持っていく反動で前に崩れたんですなァ。

でもこれは後から分ったことで、私の感覚では違うんです。
グラっときたのは分ったんですが、
どういう訳か、前に手を付こうとしたのが、
付きそこねて高座の外に手が出たため、
高座じゃなく、私自身がグラついたと思ったんです。
前に手を付くシーンじゃないんですけどね。
たぶん、手を後ろにやるまえに、
無意識のうちに前に一度出して反動をつけてるんでしょう。
それでそう思ったんでしょうねェ。

とにかく、前に手を付きそこねてグラっとしたと感じました。
そこで膝元を見ると、座蒲団と高座の端までは10cmくらいある。
どうしてこれだけあって手を付きそこねた???
この時点では高座の崩壊に気付いてないんです。
客席を見てりゃすぐ分ったんでしょうけどね。
その後、気付いても時既に遅し。
目線は膝元ですし、その姿勢のまま頭頂部への衝撃となったわけです。

幸い和室用の低い高座で下が畳でしたから大したことはありません。
一晩寝て今朝は首筋が重いなってとこでしょうか。
これがフローリングならコブが出来てたでしょうね。
コンクリートだったら…
社会人噺家、高座に死す! まさに命がけの演技!!
なんて新聞沙汰だったかもしれません。

この日は足袋を忘れるし(笑遊さん有難うゴザイマス)、
鼻の下にオデキはできるし、
なんか間違いが無けりゃいいなァと思ってました。
ちなみに崩壊した高座は私所有のものではありません。
今後利用される方はご心配無き様…
アッ、小笑さんに他意はありません。
(言っちゃってるじゃん)

なんやかや、言い訳めいたことを書きましたが、
ただただ運動神経が鈍くなったってえのが本当のところ…

そういや私の踏み台が最近ちょっとグラつくんだよな。
こりゃ補強しといた方がいいか…
ホームセンターに行ってこよう。

とにかくご心配をかけた皆様、スミマセンでした。元気ですよ〜

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サゲの前に落ちた 酒飲亭いさんの落語ごろごろノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる