酒飲亭いさんの落語ごろごろノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 「妾馬」をやろうかと…

<<   作成日時 : 2013/09/13 00:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

メカウマ…ガンダム???
妾って字に抵抗のある方もいるんでしょうね。
感覚的にも今ではちょっと受入れ難いところもあるかも。
まあ、肉親の情は今も昔も変わらないと信じて、
やってみようかと思ってます。

初めてこの噺を聞いたのは落研のA先輩でした。
それほど頻繁にかけてた記憶は無いんですが、
何故か、若くして亡くなった彼のCDが手元にあります。
著名な噺家さんのCDも幾つか聞いてます。
もちろん比べようもないんですが、
一番印象に残っているのは先輩のものです。
初体験のインパクトには、
どんな名人も抗いようが無いのかもしれません。

初体験…
ショウモナイことを書きそうになりました。
言わずが華でしょうねェ。

そういえば先輩のやってた噺で、
「一分茶番」もいつかやりたいと思ってるんですが、
これはなかなかいい音源に当たらない。
お芝居の得意な「たい平」師匠あたりが、
やってそうな気がするんですけどねェ。

それはさておき、「妾馬」ですよ。
おそらく江戸の頃の倫理観が強調されると、
ちょっとついて行けないモノになるでしょうね。
兄妹の自然な感情が出せればいいんですがね。

兄妹…兄妹の出てくる噺といえば、「夫婦豆腐」。
これ、ほとんど聞いた人がいないと思いますが。
笑えて、泣けて、エンタテイメントの真髄みたいな噺です。
今度の池田で「今野家もう世」さんがやると聞きました。
彼の安定感でしたら、優勝候補じゃないかと思います。
まあ、私も一回しか聞いてませんが、
前半笑って、最後は恥ずかしいくらい泣けましたもんね。
仙台弁がストレートに感情に作用しますからね。
インパクトは凄いですよ。

ちょっと妾馬と関係ないはなしになりました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「妾馬」をやろうかと… 酒飲亭いさんの落語ごろごろノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる