酒飲亭いさんの落語ごろごろノート

アクセスカウンタ

zoom RSS いいもの見つけたと思ったら…

<<   作成日時 : 2013/12/17 23:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年も残り少なくなってきました。
若干脂っこいイベントがまだ少し残ってます。
やる噺は決めてあるので慌てることはないのですが、
お決まりの呑み会も挟まっていて体力的に…
なろうことなら、満足感をもって締めくくりたいもんです。
まあ何とかなるでしょう。

先日久しぶりに図書館へ行ってきました。
とある週刊誌の記事を見たかったからなんですが、
残念ながら見つけられず。
せっかく行ったんでCDコーナーへ。
来年へ向けて、何かいい音源でもあるかなァ…
あまり期待はしてなかったんですが、
超ウレシイものを発見。
「一分茶番」しかも談志師匠ですよ!
おお、これいつかはやりたい噺なんですよ。
それに「さん喬」師匠のCDもあるじゃないですか。
この二つと、ついでに(イヤ、これは失礼、読みたいからです)
談四楼師匠の「寿限無のささやき」も借りてきました。

早速「一分茶番」…
アラ〜何これ! スタジオ録音じゃないですか。
俄かにテンションが下がります。
お客様のいないところで喋るのはねェ…
一生懸命やってるのは分りますが、
きっとお客様の入ってるときの半分くらいの出力だろうな。
イヤ待てよ、談志なら、
客が居ればこんなにちゃんとした噺はしないかもしれません。
うん、ある意味これはラッキーなのか。
少なくとも、この噺をする足掛かりには十分です。
あとは努力次第か…

そういえば、落語評論家の堀井さんが書いていたなァ。
円生はスタジオ録音でもお客が居る時と変わらないって。
スタジオでも師匠にはお客が見えていて、
あっここで笑った、固唾を飲んで聞入ってる、
などと反応を感じながら出来る稀有の噺家だそうだ。
円生の異常人たる所以。
ホンマかいな… ちょっと懐疑的。
名人伝説の一つのような気がするが…

さん喬さんの方は「井戸の茶碗」「棒鱈」が入ってます。
「棒鱈」の方だけ聞いたが、これが…
音は飛ぶし、リフレインを際限なく…傷モノですよ。
ちゃんと聞けるところが僅かしかありません。
でもその僅かを聞いただけでも、
「棒鱈」をやりたくなりました。
やっぱり「さん喬」さんはスゴイ。
私イチオシの噺家さんです。

「人間いいことは二つない」ってか…
悪いことも二つなって訳ですね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いいもの見つけたと思ったら… 酒飲亭いさんの落語ごろごろノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる