酒飲亭いさんの落語ごろごろノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 川柳師匠A

<<   作成日時 : 2014/04/04 16:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

師匠の「ジャズ息子」、こういう噺が私は大好き。
何処が好きなのか?
この噺は単に落語をお稽古すれば出来るってモンじゃない。
ジャズが好きで、のめり込んでいなきゃ出来ない。
大学生の息子が、ジャズで盛り上がり、
ルイアームストロングばりのだみ声をあげれば、
親父は義太夫のお稽古でこれまた人間離れした唸り声、
この対比の見事さ。
息子が都会でジャズでスウィング、
親父は田舎で足踏み式脱穀機を操作してる形が同じという…
とにかく大笑いできました。
こういう落語以外の素養(?)がないと出来ない噺って、
魅力を感じます。
できれば私もそうありたいと思っていますが、
まあ無い物ねだりってとこでしょうか。

去年ビックバンドジャズのディナーショウで、
中入りの箸休めで一席やらしてもらいました。
いい年のジジババが大音量の生バンドで大盛り上がり。 そうか! 
川柳師もあのお客様も同じ世代、
戦後のアメリカ文化がドッと入ってきた洗礼を受けてるんですね。
それから義太夫も、
川柳師の師匠はあの円生、彼は元義太夫語りです。
弟子の「ジャズ息子」をこっそり聞きにきた円生から、
「あの義太夫はいけませんね」てなことで、
教えを受けたことが彼の本に書いてありました。
どちらもホンマ物なんでございますねェ。
付け焼刃じゃ出来ない訳です。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
川柳さんの本を入手したんですね。今度飲んだ時にでも、本の中身の話を聞かせてください。
それから、「ジャズ息子」、いいですねぇ。特に、親父の脱穀する姿(手振り)なんかは、川柳さんならではですよね。「ジャズ息子」という固有名詞を聞いただけで、コメントしたくなりました。
回り道
2014/04/05 14:36
ウレシイことです。
「ジャズ息子」のこういう感覚を共有できるってえのは…
近頃はガーコンしか聞いてないような気がします。
まあそれはそれで楽しめますが…
あれ何でガーコンてんですかね?
いさん
2014/04/05 19:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
川柳師匠A 酒飲亭いさんの落語ごろごろノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる