酒飲亭いさんの落語ごろごろノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 狂言を見て来ました

<<   作成日時 : 2014/07/31 00:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

文化センター大ホールが七割方入りましたでしょうか。
着物姿の女性客を多く見かけました。
さすが古典芸能、落語と比べると若干敷居が高いのかな。
カミさんは高校生の時に一度見たことがあるそうな、
アタシャ初めて、期待が高まります。

まず、語句の解説まではいっている番組表に感心。
そして開演後に30分ほどの初心者向けの解説があるのに、
またまた感心。
正直「こんなに懇切丁寧に説明しなくても大丈夫じゃねえ」
と思っていたのですが…
続く小舞を見て、さっぱり分らないのにビックリ。
地謡の文句が聞き取れない。謡曲でございますよ。
単純な内容だと言うけれど、
ほとんど外国の歌を聞いてる感じです。
高砂や〜ならたぶん分るんですが、これは…
歌詞カードが無いと何遍聞いても理解不能です。

続いて「萩大名」、会話で話が進んでいきます。
集中して聴きました。
笑えるところでは笑おうと必死でした。
にもかかわらず、分ったのは半分くらいでしょうか。
英語落語を聞いてるような感覚でした。
当然ほとんど笑えませんでした。
狂言恐るべし。
休憩後「棒縛」、こちらは分りやすい。
仕草が多く、会話が少ないので9割方理解できました。
笑いも自然に出ましたが、ホントに集中していたんです。
ほとんど英語のリスニング試験を受けてるくらい必死でした。
たぶん外国人が落語を聞くとこんな感じなんでしょうね。

フー、疲れました。
皆さんけっこう笑ってましたね。
アタシャ心から楽しんだというには、ちょっと遠いかな。
あまりにも真剣に聞きましたからね。
私の国語力が貧弱なのか、
席が1000円の二階奥だったためか、
目が悪くて顔がほとんど分らなかったためか、
とにかく、シンドかった。
あと3回くらい見ればもう少し分るようになるのかもしれません。

最後に、素晴らしいと思ったことを二つあげておきます。
謡曲の声の通ること、スゴイもんです。
前に習いたいと思ったことがあるんですが、
やっぱりいいもんです。
それと、スターは必要ですね。
万作、萬斎の二大スターがいるので、
これだけ入るんでしょうね。

それにしても、みんな笑っていたけど、
ちゃんと分っていたのかなァ…

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
狂言を見て来ました 酒飲亭いさんの落語ごろごろノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる