酒飲亭いさんの落語ごろごろノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 7/3池袋演芸場雑感

<<   作成日時 : 2014/07/06 02:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

落語芸術協会、昼席、少なめのお客様、
若干覇気に欠ける出演者、
お昼に飲んだビールが利いて睡魔が…
いじって起こしてくれても良かったのですが、
心やさしい方々なのでしょう…いや、
眠たい人を寝かしておくのもワザなのかもしれません。

一眠りしたところで夜席のスタート。
前座「遊かり」さん、滅多に寄席に行かないのに、
彼女を聞くのは二回目です。
中トリが遊雀さんだからかな、
お弟子さんですからね。
この日、夜の出演者は若い噺家さんが多い。
やっぱり若いというのは勢いがあっていいですね。
昼とお客はほとんど変わらないのに活気が出てきました。
順番が番組表とずいぶん変わってます。
どうやら山の手線が不通になったために、
到着できない噺家さんがいるようです。
こういう非常事態になると楽屋は大変ですが、
一致団結してかえっていい出来の噺が聞けたりします。

遊雀さんのは「電話の遊び」とでも言うのかなァ、
珍しい噺が聞けました。
名前を忘れましたが、上方の方の「時うどん」もなかなかでした。
あの食べ方は最近のハヤリなんでしょうか、
文珍さんもあんな感じで食べてましたね。
コント「青信号」だったかな、面白い!
時事ネタも入れ込んで、ナマだから出来る放送コード抵触ネタとか、
大爆笑でしたね。
ナイツと交互出演なので、ナイツじゃなくて残念という気持もありましたが、
ものの見事に吹き飛ばしてくれましたね。

そんな中で、私のイチオシは夏丸さんでした。
今年亡くなった橘ノ円師匠のことを漫談風にお喋り。
初めて聞いたのですが、いいですね。
語り口が素直で聞きやすい。
特別力んでないのに、お客を引きずり込む力は大したもんです。
繰返しで笑いを取るのは落語の常套手段ですが、
「ビール飲むか」という何の変哲もないセリフなのに、
あれで笑いが取れるんですね。
今度は古典を聞いてみたい噺家さんです。

この日は落語仲間と一緒でした。
この後の予定があったので、
中入り後の「ぴろき」さんまで聞いて退場。
夜席はホントにいい雰囲気だったので、
モッタイナイことをしました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いさん師匠、民報サロンで、おらいのご意見番が「社会人落語家」って表現にObjectionを感じているようです。


http://blog.goo.ne.jp/hatamasao_1942
畠迷惑Roger
2014/07/06 08:11
いつも載っけていただいて恐縮です。
我々のなかでは全国的に割とポピュラーな言葉なんですけどね。
学生以外の素人さんのことで、無職の人も含んでますから字義からは外れてます。
初心者の素人さんから、ほとんどこれで喰ってる強者まで千差万別。
民報サロンのお話をいただいた時、最初にこれの説明をしようかとも思ったんですけどね…
いさん
2014/07/06 11:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
7/3池袋演芸場雑感 酒飲亭いさんの落語ごろごろノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる