酒飲亭いさんの落語ごろごろノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ネタ出し」からアレコレ

<<   作成日時 : 2014/11/08 02:22   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

寸志さんと演目について若干のやり取り。
全てお任せでかまわないのですが、
寸志さんの気配りでしょう。
今までと比較すると少し重量級の噺になりました。
いずれも彼の特徴がよく出てくる噺で、
私としてはとても楽しみです。

今回は私も二席。
生意気にも二人会となる次第。
私のネタは決まっていたのですが、
やり取りの結果、バランス的に不都合があって一つは見送り。
Q.庵以外でやってないヤツで、
この日のためにとっておいたのですが…
まあ、どっかで出来るでしょう。

昔ほどうるさくなくなったとは言え、
噺の軽重は噺家さんにとっては大きな問題のようです。
何しろ、師匠からお許しをもらえないと、
高座にかけられませんからねェ。
臆面もなく好きな噺家さんを完全コピーして威張ってる素人とはエライ違いです。
誤解にないように言っておきますが、これは私のことです。
でも付け加えると、コピーすること自体けっこう難しいし、
何度もやってるうちに自分の色がどうしても出てきますから、
意味のあることだと思います。
学ぶことはマネがスタート。

とは言え、完全にマネをしたつもりでも、
噺としてそれがいいのかどうかは自信がない。
誰かに見てもらってお墨付きが欲しいところです。
師匠がいればいいんですが、悲しいかなおりません。
カミさんや仲間に見てもらうって手はありますが、
カミさんに噺を聞かせるのは、
ウチの猫に聞かせるのと同じくらいの難易度。
たぶん私の覚えた噺の半分も聞いてないと思います。
お仲間だとどうでしょう。
うーん、聞いてもらうのはいいんだけど、
ダメ出しされてもねェ… たぶん素直には聞けないでしょう。
この辺の心理は、自分のことなんで良く分ります。
したがって私も、素面で人様の噺にケチをつけることはありません。
ところが酔っ払うとタガが外れて言いたい放題。
タチの悪い酒飲みの面目躍如。
先月のことですがRさん(女性)から、
あまりの口の悪さに、
「友達無くすよ」と言われました。
思い当たることが無いわけじゃありません。
でもご安心あれ。ただ今禁酒中。
いたって紳士です。

やっぱり批評てえのは、
惚れこんで弟子入りした師匠からの言葉しか、
ダメ出しもホメ言葉も受入れられないのでしょうねェ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ネタ出し」からアレコレ 酒飲亭いさんの落語ごろごろノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる