酒飲亭いさんの落語ごろごろノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 立川寸志、二つ目初日A

<<   作成日時 : 2015/03/04 01:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

雨降りの3月1日、お昼の新幹線で上京。
「寸志のくぎり」開演は18時です。
それまで上野の国立博物館へ。
目的があった訳ではないのですが、ブラブラと…

たまたま聞いた新米ガイドさんの説明、
縄文期の、顔が刻まれた石棒についてでしたが、
鰹節形…アザラシのような…なんて言ってましたが、
こりゃどう見ても男性シンボルでしょう。
先っぽなんか結構うまく表現されてると思いましたがねぇ。

飽きてきた頃「井戸の茶碗」を見ようと思い立ちました。
やるからには見ておかなくちゃねぇ。
東洋館F5朝鮮コーナーに行ってみるとあったあった。
「我が朝の土で焼かれたものではありません、いずれ三韓の地…」
なんてセリフの通りですなぁ。
日用品として作られたものだそうですが、
なるほど素朴な感じです。

頃合を見て「お江戸日本橋亭」へ。
この日は談四楼師匠が出演されます。
もしお話する機会がえられればサインをいただこうと、
去年買った師匠の本を持参いたしましたが、
開演前はねぇ… 寸志さんを煩わせちゃいけません。

寸志の二席が終わって師匠の出番。
いい感じの流れで、「この後はたいへんだぜ」
なんて思っていましたが…
貫禄が違いますねぇ。
落ち着いたはなしぶり。
入門時の寸志とのアレコレ。
身内が大勢押しかけた会のマクラですから、
オメデトウの意味もあったのでしょう。
集客、噺のセレクト、噺の出来、褒めておりました。
「寸志を応援するなら、今日来て義理が果たせたと思わないで、
何回も足を運んでくださいね」
とお客様にお願いもしていました。

その通りで、お前をプロとして認めるから、
これからは一人で食っていきなさい。
てえのが二つ目なんでございます。
そういう意味で、メディアの人が入って寸志を撮っておりましたが、
これからは必要なことでありましょうな。
いやあれは師匠のバックアップなのかもしれません。

マクラが進んで、細川元首相が陶芸に凝ってる話になって、
こりゃもしかしたら井戸をやるつもりじゃないか… ドンピシャでした。
(時間つぶしに博物館に行って良かった)
後で伺うと目出度い席ではよくやるそうで、
こんなに気持よくなれる噺はないですからねぇ。
自分も好きで今年既に2〜3回はやってるかな、
アタシみたいな者でもこれで外れることがありません。
生意気ですが、師匠の演出でナルホドと感心したところがありました。
どうも自分でやってて、娘を嫁にやろうというところが唐突な感じで、
親の命じるままってえのはねぇ、
まして多額の支度金のためみたいで…
この辺の理由が師匠の噺ではちゃんと説明されてましたねぇ。
そうですよねぇ、
噺の中に理由はある訳ですから、
それを強調すればいいってことです。

寸志の噺も良かったですが、
私にとっては師匠を聞けて収穫をいっぱい頂きました。
えっ、サインはどうした?
それは明日ご報告します。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
これからが楽しみでしょうがない 立川寸志昇進記念二夜連続落語会「寸志のくぎり!第二夜 今日から二ツ目...
立川寸志さん、二ツ目最初の落語会は、昨日以上に&#160;ギチギチの超満員。座る前からお膝送りされたすし詰めの座布団配置となっていたお江戸日本橋亭。雨がひどく、客入れを早めた ... ...続きを見る
裏[4k](ura_shike)落語・酒...
2015/03/07 21:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ご苦労さまです。
「立川寸志 二つ目」をキイワードにNetを検索すると、いさんさんのこのBlogが出て来ます。
ってことは未だ誰も書いていない。
畠迷惑Roger
2015/03/04 06:48
寸志さんツイッターを始めたそうです。
のぞいてみてください。
そういえば師匠が「あいつはツイッターがよく分かってない、
オレをフォローしてない」なんて言ってました。
いさん
2015/03/05 12:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
立川寸志、二つ目初日A 酒飲亭いさんの落語ごろごろノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる