酒飲亭いさんの落語ごろごろノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 先代文治師匠の「浮世床」

<<   作成日時 : 2015/05/04 09:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ここ3年ばかり、今年やりたい噺のリストに、
必ずでてくるのが「浮世床」です。
将棋、講談本、モテ話の三つのシーンで構成されていて、
全編やると30分以上かかるケッコウな大作ですが、
夫々が若干の長短はありますが、
独立していて時間調整にはまことに便利な噺です。
寄席だと講談本のところが比較的よくかかるような気がします。
今年は短いネタを増やすってえのが私のテーマになってますので、
そろそろ取り掛からなきゃいけません。

いいモノにぶつかったらやろうと思っているのですが、
そんな消極的な姿勢でお目当てが見つかる訳もなく、
意を決していつもお世話になってる「ニコニコ動画」をチェック。
ありましたありました。
三人のやつがアップされています。
とりあえず全部聞いてみたのですが、
こういう軽い前座噺でもずいぶんと違うもんですねぇ。
(こりゃ当り前か… )
若い方のは、上手なんですがあまり面白くない。
お客が違いますから決め付けちゃうのはカワイソウ。
でも、自分がやると、たぶんこんな感じになるんだろうなぁ…

続いて文治師匠、
タイトルだけだと当代かなと思ったのですが先代でした。
小柄で歯切れが良くて、
いかにもチャキチャキの江戸っ子って雰囲気の師匠でした。
学生のころ寄席で聞いたマクラを覚えています。

たぶん60歳台だったと思いますが、
丈夫で病気知らずってえのをアピールして、
「体にメスを入れたことがないんです。
    メスの中にはずい分入ってますけど…」
これは出来ないなァと思ったものです。
今なら平気ですがTPOは考えるでしょうね。

さて文治師匠の「浮世床」、これは基本形。
とりあえず目指すのはこれでしょうか。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
先代文治師匠の「浮世床」 酒飲亭いさんの落語ごろごろノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる