酒飲亭いさんの落語ごろごろノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 双眼鏡よりどりみどり

<<   作成日時 : 2015/05/09 16:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

つい先日、電子辞書を見たくて「コジマ電器」へ。
帰り際に双眼鏡が並んでいるのを発見。
これは素通りできません。大好きなんです。

どういうヤツがいいんでしょう?
用途に応じて選べばいいということですね。
オペラグラス的な、大きさもお値段もお手頃なのが品揃え豊富です。
ただねえ、これの使い道はホントに限られます。
大教室で板書された文字を見るとか観劇くらいしか使えないでしょう。
私のオススメは高級機種ですね。
お値段はちょっと張りますが、
一家に一台、いいモノがあると見ることが楽しくなります。

何をもって高級とするのか?
倍率は7〜8倍くらいが上限でしょう。
可変式倍率のものは間違っても選んではいけません。
100倍ズームなんて天体望遠鏡並みのものもありますが、
騙されてはいけません。
10倍以上のものは手振れでまともに見えません。
三脚に固定するなら有りでしょうけど…
無闇矢鱈な高倍率は像が暗いし、視野が狭い。
なるべく広視野で明るいものがいいんです。
っということは対物レンズの口径が大きいということです。
当然でっかくなりますし、重い、値段も高くなります。
お城の天守閣にあるような100円入れて見るようなものですが、
普段持ち歩くには不便極まりないですね。

個人的な理想としては、
東郷平八郎が旗艦三笠の艦橋で持ってたやつなんですが…
エッ古い、そうですね、日露戦争の日本海海戦ですからねぇ。
「皇国の興廃この一戦にあり、天気晴朗なれども波高し…」
ってあれですからね。
このときのクラシックなスタイルがたまらんですなぁ。
でも日常ユースにはちょっと大き過ぎ。
まあ、お値段と相談で適当なのを見つけてください。

ここで根本的な疑問ですが、
そんな立派なヤツで何を見る?
何でもいいんです。
バードウォチングも、
視野が広いと鳥の姿が捉え易くてストレスが少ないんです。
ところが、小鳥の森のセンター備付けのやつはちょっといただけない。
まあ、予算とかあるんでしょうからねえ…

鳥でも○○○でも、お好きなやつをどうぞって訳ですが、
アタシのオススメは星空です。
きっと感激することと思います。
何しろ、アタシの家(郊外の住宅地)で見ても、
浄土平で見るくらいの星が見えます。
けっこう圧倒されます。

えっ、それで双眼鏡を買ったのかですって。
結局見ただけでした。
欲しいなぁと思ったヤツはあったんですが、
衝動買いできる金額じゃないですからねぇ…



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
双眼鏡よりどりみどり 酒飲亭いさんの落語ごろごろノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる