酒飲亭いさんの落語ごろごろノート

アクセスカウンタ

zoom RSS もはや倭人じゃなくなった

<<   作成日時 : 2015/09/22 08:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

ラグビーが凄いことになってる。
南アに終了間際の逆転トライで勝つ大金星。
観客も選手も皆泣いている、見てるこっちもウルウル。
ラグビーは最もマグレの起こりにくい競技だと思っていた。
フロックじゃなかったんです。
聞けば、オーストラリア代表選手も2週間で音を上げる、
超ハードな合宿を数ヶ月も続けた由。
終盤になっても落ちない走力も、
相手を苦しめた低いタックルも理由があったんですね。
次回のワールドカップは日本開催。
毎回のようにWCに出場していてもほとんど勝てないもんで、
正直、日本でやって大丈夫かと思っておりました。
素晴らしい! 
目標が明確で手段が適当なら、
結果がついてくるってえのが嬉しいね。

そういえばラグビーの合宿といえば菅平が有名ですが、
網走郊外も拠点になってまして、これが実家のすぐそば。
見に行くんですが基礎練習は観ててもツマラン。
隣のパークゴルフ場で時間をつぶすことに。
ところが、女満別空港で合宿帰りの一団と遭遇、
近くで見ると皆スゴイ身体をしています。
着物とマゲが無いだけで、
お相撲さんの集団といわれても納得します。
小さな地方空港のロビーを埋め尽くしてるサマは壮観。
あんなゴッツイ身体で全力疾走してぶつかり合うんですから、
こりゃエキサイトしますわな。
アタシャ鬼ごっこが遊びの基本と思ってまして、
中でもアイスホッケーとラグビーはその究極形ですな。

ところで日本代表ってからには皆日本国籍なんでしょうが、
外国人で日本国籍を取った方も多い様子。
日本人は小っちゃいからなァ、
世界に伍して戦うためには必要なことなんでしょう。
それより彼らが喜んで日本国籍を取得してるとすれば、
日本に受け入れる風土があるということで慶賀すべきでしょう。
なんてなことを思っていたら、
テニスで「ダニエル太郎」選手大活躍のニュース。
お母さんが日本人だそうな。
日本女性は外人に弱いからなァ。
ウチの娘がそういうのを連れてきたらどうする?
育った環境、文化の違いは大きいですからねェ、
積極的に賛成はしかねますが、
まあ、反対はしないでしょうなァ…

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
「ふんどし担ぎ」今でもこんな言葉あるんですかね、大相撲下位力士のことですが、
昔々、横綱輪島が全盛期のころ、ラクビーのチーム―まさか「オールブラックス」じゃないと思うけど―が来日したんです。体格がお相撲さんほどあったからラクビーチームの選手が「横綱輪島にぶつかってみたい」と言ったんです。ラクビーと相撲どっちが強い? なんて雰囲気で。
挑まれた輪島「そんなの『ふんどし担ぎ』で十分」って応じなかった。巷では「負けたら相撲の人気がなくなるの逃げてる」と噂され、それではと対決が実現しました。
実は序の口の力士で十分でした。
ふんどし担ぎで十分
2015/09/22 21:00
あっ! 前記のコメント 書き方間違った。

畠迷惑Roger
2015/09/22 21:11
なんか久しぶりですね、
お相撲さんは近くで見ると人間ばなれしてますよね、
金を取れる興行って感じです。
いさん
2015/09/23 07:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
もはや倭人じゃなくなった 酒飲亭いさんの落語ごろごろノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる