酒飲亭いさんの落語ごろごろノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 落語教育委員会

<<   作成日時 : 2016/03/09 01:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

本日は郡山落語愛好会の例会、
喜多八、歌武蔵、喬太郎の豪華メンバー。
横手、秋田、青森、盛岡と廻った旅興行の5日目、
郡山での開催でございます。

曇り空疲労、過労(歌武蔵、喬太郎)「漫才」
柳家さん若 「のめる」
柳家喬太郎 「夫婦に乾杯」
お仲入り
三遊亭歌武蔵 「宗論」
柳家喜多八 「やかんなめ」

さん若さんの将棋のシーンがなかなかいい。
さん喬師のところの二つ目さんですが、
売れっ子師匠連の前座で登場。
個性豊かな面々のなかで一番噺家っぽい感じでした。

アタクシ、ナマ喬太郎師は初めてなんでございます。
たぶん本編は15分ないと思いますが、
マクラでたっぷり楽しませて、
それなりの満足感でお仲入りへ。
この辺の組み立ては独演会のようでした。

歌武蔵師匠はこちらの期待を良く分ってらっしゃる。
相撲ネタから貴闘力ネタまで…
独特の味付けの宗論、楽しめました。

少々衝撃を受けたのが喜多八師匠。
自転車を飛ばしていた記憶があったのですが…
すっかり痩せてしまって、たぶん肝臓なんでしょうね。
「規則正しい不摂生のおかげで…」なんて仰ってましたが、
さん若さんの肩につかまって出てきたときは、
落語をやんなくても顔を見ただけで良しとしようと思っちゃいました。
でも座蒲団に座るとさすがですね。
いつもの喜多八節、声にハリもあるし、
声量こそ以前ほどではない感じですが、
別に低い訳じゃなく噺に合った自然なボリュームでした。

師匠は幕(緞帳)があればと言ってましたが、
確かに噺家さんとしてはお客に心配させちゃ…
てなところでしょうなぁ。
初っ端の漫才で、喜多八さんの様子をちょっと紹介したのは、
お客の方に心の準備ができましたね。
それにしても、どうなんでしょうねぇ。
師の「将棋の殿様」をコピーしたファンとしては、
衰えた姿を見なくないって気もしますが、
そういう生き様まで見せるのが芸人なのかもしれません。
喜多八さん、呑ん兵衛だからなぁ。

そういや師匠の小三治さんもあまりよくないって聞いてますし…
御身大切になさってください。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
落語教育委員会 酒飲亭いさんの落語ごろごろノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる