酒飲亭いさんの落語ごろごろノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 競馬初体験B

<<   作成日時 : 2016/04/28 08:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

信夫山では今日も見慣れぬ野鳥が…
でも名前が分らないんだよね、
ホオジロかなと思ったが、
帰宅して電子辞書で調べるとどうも違うみたいだ。
小さいヤツはじっとしてないからなぁ。
手がかりは大きさ、シルエット、鳴き声なのだが、
鳴き声は後から色々なのが聞こえてきて混乱気味。
知ってる人に教えてもらうってえのが一番簡単。
今度の休みは「小鳥の森」でレンジャーの方に教わろう。
それはいいとして、そもそも名前を知る必要があるんでしょうか?
この辺の心理は落語の題名を知りたがる素人衆と同じですな。

さて競馬場です。
入場すると次のレースまで少し時間がある。とりあえずパドックへ。
サラブレッドって意外に小柄だなというのが第一印象。
でも全身筋肉って感じでキレイに手入れされいます。
走る芸術品とか聞いたことがありますが、成程美しい。
周りをこれだけの人に囲まれて、
よく落ち着いていられるもんだと感心。
首を振って嫌がってるのもいましたが大半はおとなしい。
オッズが掲示盤に出てましたが、
一番人気と不人気馬、どこが違うのか??
アタシには同じ馬にしか見えません。
多分どなたもそうだと思いますが…

馬場へ移動、足慣らしをする馬、カッコイイー
翔ぶが如くって形容がピッタリです。
この間も正面のオーロラビジョン(?)には東京競馬場の結果が出たりして、
ふーん、他での馬券も買えるんですね。
スターターがスタンバイ、ファンファーレ、おおー何かドキドキ。
正面ビジョンには映ってるけど何処だ?
ああ、あんな遠くなんだ、ゲートインしたと思ったらあっけなくスタート。
は、は、早い! 向こう正面なんですが、尋常じゃないスピード、
ビジョンの影に入ったら直ぐに第4コーナー(?)から一群で現れる。
上がる歓声、中継アナも何かしゃべってるが耳には入らない。
目の前を猛スピードで過ぎる馬群、
どの馬がどこにいるのか??
あっと言う間にレース終了。
いやー圧倒されますねぇ。
騎馬軍団に襲われたら恐怖感満点だなァなどと、
あさってな感想が頭に浮かんでおりました。

30分間隔でレースがありますので、
パドックで見て予想、マークシートに記入して馬券購入、
直ぐにレースで結果が出るという繰返し。
時間があっという間に過ぎていきます。
何レース目かの時、前に座っていたオッサンがこちらを振り向いて、
「今日はやたら当たるんだよな、また当たっちゃった、エへへへ」
(年は40くらいか? アタシよりだいぶ若いんでオッサンてえのは失礼ですが)
しまりのない顔で話しかけてきました。
当たりすぎてハイになってるようです。
「コイツ、嫁さんいないんだろうなァ」
一緒に行ってたカミさんがボソっと一言。

僅かばかりの軍資金を使い果たして、
興奮の醒めた若干の虚脱感と伴に帰宅。

どの馬がくるかなんて分るわけないよな…
次の福島開催は夏か…
また行くんかい!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
競馬初体験B 酒飲亭いさんの落語ごろごろノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる