酒飲亭いさんの落語ごろごろノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 小道、鯉志の二人会

<<   作成日時 : 2016/05/29 10:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

札幌で小道さんから激励の伝言を頂戴しまして、
お礼メールをやり取りしてましたら、
アオウゼで二人会があるらしい、
しかも今年の池田ネタをやるそうな。
これは聞きに行かない手はありません。

小道 開口一番「寿限無」
鯉志 「金明竹」
小道 「七家騒動」?(題、違うかも)
お仲入り
鯉志 「猿後家」
小道 「たがや」

鯉志さんって、数多の噺家(プロアマ含めて)の中でも、
ポテンシャルはトップクラスだと思う。
容貌と姿がいい。
ちょっと間違うと凶暴に見えるが、
おしゃべりは意外に可愛らしいし人柄の良さがにじみ出てきます。
「振り込め」なんかやったらはまりそうな気がします。
もちろん、この日の二席も笑えました。
面白い噺を笑いに結びつけるのって想像以上に難しい。
一度は出来てもいつも上手くいくかは??
難なくやってのけるところに才を感じます。

さて小道さん、社会人落語のスターですな。
歯切れとテンポの良さは圧倒的です。
「たがや」、熱演でしたねぇ、
川開き、たがや、花火などの時代解説も分り易い。
ややもするとこういうのってクドくなりがちなんですねぇ(自戒せねば)。
情景描写も的確で、これだけの「たがや」はなかなか聞けません。
最後に主人の首がとぶところだけが、早すぎて聞き逃し気味でした。
アタシが余計なことを考えていたせいかな…

七家騒動、これが池田用かなと思ったらどうもそうらしい。
これは大冒険ですなぁ。
上杉鷹山公の藩政改革の噺です。
厳しい倹約令に反発する騒動ですが、
財政再建は生涯をかけた大事業、
一発当てて解決できるようなもんじゃありません。
地道に米の生産を増やして地場産業を興す、
しかもこうした牛歩の如き努力が生涯続くわけです。
鷹山公は米沢では誰もが知っている存在ですが、
一般にはマニアックと言っていいでしょうねぇ。
道徳の偉人、二宮尊徳を落語にするようなもんです。
これ落語になるの??

これは厳しいだろうと思いつつ…
マクラは過不足なく、笑いもあっていいんじゃない。
本編に入って、余計な説明なしで腹心との会話で進んでいきます。
苦労したと仰ってましたが、
内容そのものには面白いところは全くありません。
人物のデフォルメでクスグリを入れ込むのは小道さんの力量なればこそ。
中盤でこのクーデターをどうやって納めるのかな?
少々心配してましたら、大殿&コト姫登場で一気にサゲに向かいます。
お見事の一言です。

これだけの重いテーマに笑いも入れつつ15分程度にまとめる。
噺の構成に腐心されたのが本当に良くわかります。
これを創作できることに羨望を禁じ得ません。
確かに爆笑ネタではありません。
コンテスト向けとしては、どうかなという思いもあるでしょう。
でも、小道さんクラスのツワモノならこういうネタを持ってていいんじゃないのかな…
少なくとも、プレ−ヤーの一人であるアタシには、
小道さんがスゴイのは十分に感じられました。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
小道さん生きていた?
小道さんのブログが「死骸ブログ」となっていましたので。
畠迷惑Roger
2016/05/30 10:44
いさん師匠!ワタシの「七家騒動」を聞いていただき、ありがとうございました。師匠に聞いていただけただけで、満足です。

確かに大冒険だと思います。上杉鷹山公は全国的には、さほど有名じゃありませんし、時代背景も米沢以外では、わかりにくいですよね。
池田に向けてのネタですが、それよりも、このネタで言いたかったのは、「やってらんねーぜ!」の一言です。鷹山公は米沢では聖人君子ですが、もっと人間臭くて、愚痴っぽい鷹山公を演じてみたかったのです。それって、今のワタシなんですけどね。

「たがや」誉めていただき光栄です。いつか、いさん師匠と二人会やってみたいですね。その日まで、自分の芸を磨きます!
小道
2016/05/30 23:14
畠迷惑さん、こんにちは。
たぶんフェイスブックとかに移転したんじゃないですかね?
いさん
2016/05/31 07:43
成程ねえ、確かに等身大の鷹山さんになってました。
だから笑えるところも作れるわけですね。

2〜3年前の年末にやったようなのまたやりたいですね、
あの時の「蛙茶番」良かったもんな…
いさん
2016/05/31 08:17
あっ!ホントだ!小道さんFacebookに居ました。
AOZ二人会のポスター写真も貼ってありました。
つばささんも友達で繋がってました。
『いいね』を押した人91人もいました。
今のところ文章らしい文章は書いていませんけど
畠迷惑Roger
2016/05/31 20:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
小道、鯉志の二人会 酒飲亭いさんの落語ごろごろノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる