酒飲亭いさんの落語ごろごろノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 『爆笑・星座解説』の御難

<<   作成日時 : 2016/07/21 09:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最近はご無沙汰でしたが、
子供が小さい頃はよくプラネタリウムに行ったもんです。
18日のコムコム、星のお兄さんによる「爆笑・星座解説」2回公演。
爆笑の二文字につられて行って参りました。

私は知りませんでしたが、星のお兄さん、
プラネタリウム解説に革命をもたらした、
かなり有名な方のようです。
本業は滋賀のホテル附属プラネ担当のホテルマン。
型破りの解説で大人気を博し、
ラジオ番組を持つなど活躍中です。

開演15分前に会場入り。
満席と思いきや意外に少ない。
普段のプラネはやっぱり子供中心、子連れの若夫婦に、
たまにデートのカップルってえのが客層ですが、
この日は中高年が多い、どう見てもプラネって柄じゃない、寄席か?
子供はパラパラ、こりゃ苦労するんじゃねえ?
せめて満員になりゃいいけど、結局半分くらいで開演時間。

始まる前にお兄さん(本当はオッサン?)登場、ご挨拶と自己紹介などおしゃべり。
この辺はマクラって感じです。
満席にならないのはかなり心外なご様子、
「でもこういう時の方が燃えますよ…」
その意気ですよ、アタシも厳しいお客の方がリキが入ります。
「よし、オレが」と意気込みます。
だいたい返り討ちにあって意気消沈てえのがパターンですがね。

始まると、成程なるほど、こりゃ子供にウケる訳です。
ただ如何せん、肝心の子供がゴク少数。
大部分は関西人のノリに付いていけない東北の中高年。
四苦八苦しながらも番組進行。
驚いたのが、ウケないときのネタを用意してたこと。
こういう姿勢はいいですね、
人前で話す人はそこまで準備すべきでしょう。
予定を10分ほどオーバーする熱演でした。
ウケない時にガンバルのはホントに疲れます。
もうちょっと反応のしようがあるだろうに…
アタシもお客の一人でしたが、少々腹立たしく感じました。
自分がよくそういう目にあっているからでしょうか…

昔の噺家は旅興行でよく御難にあったそうです。
TVの無い時代、名人上手といえども誰も知らない。
そもそも落語自体が知られていない。
したがって、ウケない、人が入らない、興行中止、
金がない、どうやって東京に帰るの? 歩くの…?
これを御難と申します。
今はそんなことは無くなりました。
考えればいい時代ですな。

ガンバレ、星のお兄さん、アタシは応援してまっせ!


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『爆笑・星座解説』の御難 酒飲亭いさんの落語ごろごろノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる