酒飲亭いさんの落語ごろごろノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 三遊亭兼好独演会

<<   作成日時 : 2016/08/20 16:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

郡山落語愛好会166回例会は「三遊亭兼好独演会」。
珍しく奥さん同伴で行ってきました。
ちょいとカミさんの機嫌をとる必要がありまして、
運転はもちろん、ご飯から木戸銭まで全てアタシ持ち。
これで万一カミさんが不機嫌になったら救われない。
でも兼好師匠ですから大丈夫でしょう。
きっと、たぶん、とにかく、お願いします…

開口一番、おお、この会には珍しく前座さんがいます。
三遊亭らっ好 「豆屋」
この春に二つ目に上がったばかりですか。
マクラたっぷりでした。
何となく二つ目になった喜びが伝わってきましたねぇ。
カミさんは無反応(いつものこと)でしたが、
なかなか結構な豆屋でした。
ヘタクソがやると聞いてらんない噺です。
アタシにゃとても無理。
こういう厳しいところからちゃんと修行するてえのは、
何となく大円生の末裔って矜持を感じますねぇ。
(カイカブリ?)

三遊亭兼好 「蛇含草」
マクラ20分、本編15分。
独演会だからでしょうか、マクラが長い。
こういう構成の兼好さんを初めて見ました。
そしてこれが面白い。
大玉村が出てくるところなんざぁ、さすが…
カミさんが声を出して笑っています(これも初めて)。
漫談だけで終わるのかと思いきや「蛇含草」へ。
郡山のこの会に初登場だそうですが、
リキが入ってるのが伝わってまいりました。
漫談だけでもイケるんだぜって自信の現れ?
そして、並みの真打なら本編で失速しかねない演目ですが、
良かったですねぇ。
仕草で笑わせていただきました。
カミさん曰く、
「これ、あんまり面白い噺じゃないのに、
上手い人がやると違うわねぇ…」
分かってるジャン。

中入り、カミさんの機嫌も上々、良かった〜

三遊亭兼好 「質屋蔵」
夏なんでちょいと怪談のにおいのするチョイスでしょうか。
ここを膨らますのか…
アタシの予想外の展開で楽しめました。
表情だけで心地よく引っ張り回してもらいました。

さて帰り道、
「兼好師はやっぱりいいねぇ」
なんてな話を機嫌よくしていますと、
「普段、聞いてるのがアナタだからよけい良く見えたわ」
「…、うん、そうか…」

(…の中身)
ウソつけ、オレのを聞いたことはほとんど無いじゃないか、
それにしても、よくこういう嫌味なことが言えるもんだ…

などと思いつつ、出てきた言葉は
「イヤーとにかく、面白かった、よかった、よかった」



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
三遊亭兼好独演会 酒飲亭いさんの落語ごろごろノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる