酒飲亭いさんの落語ごろごろノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 「おめえサギだな」ガッチャン

<<   作成日時 : 2017/02/21 09:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

「なりすまし詐欺」のニュースを見ていると、
時々どうにも理解不能の事件にぶつかります。

(先日の新聞記事)
見ず知らずの高齢者介護施設の職員から、
「新しい介護施設に入れる優待券がある」
「優待券はいらない」と断ると、
「途中解約になるかもしれない」と話した。
この後、その施設の別の職員から、
「途中解約はできない。途中解約すると逮捕され民事裁判になる」
「特例で200万で済むことになったので現金を用意してほしい」
てなことでお金を渡しちゃうんですねぇ。
突っ込みどころ満載ですよ。
何から何まで理屈に合わないことだらけ。
根本的に契約を結んでもいないのに途中解約ってナニ?

(去年の事件)
見知らぬNPO法人「ロト6活用会」(名称は仮です)から電話、
「ウチの会があなた名義で購入したロト6が六億当たりました。
受取るにはウチの会に事務経費を納めてください」
てな言葉で高額被害にあうんですね。
去年の県内最高被害額だったと思います。
もうメチャクチャですよ、訳が分からない。
だいたい買ってもいない宝くじに何で当たるのか???

そもそも「なりすまし詐欺」てえのは、
のっぴきならない心理状態に追込むもので、
よく考えればオカシイんですが、
そうなる理由はそれなりに理解できるもんですよ。
ところが例に上げた2件はアタシの理解を超えてます。
どうしてこんなことでお金を払ちゃうのか?
アタシなりに考えて一つの仮説に辿り着きました。

恐らく電話を受けた方も、
アヤシイな話だなてえのは感じるんだと思います。
でも電話を切ることが出来ないんでしょうね。
家族にも隣人にも温かい人々に囲まれて、
長年過ごしてきた年配の女性ですよ。
悪意を持った人がいることは想像外なんでしょう。
人の気に障るようなことは出来ないし、
まして電話をガチャンと切るようなことはとても…

こういう電話にあったら、
「おめえサギだな」ガッチャン
これだけでいいんですけどねぇ。
余計なことは言う必要はありません。
向こうは商売(?)ですから色々の返す言葉を用意してます。
問答無用に「おめえサギだな」ガッチャン。
「クソババア」くらいの捨てぜりふは言われるかもしれません。
それでもサギの被害に合うよりはマシ。
ぜひ「おめえサギだな」ガッチャン、頭の片隅に置いといてください。
てな訳で、この言葉をこの頃の口演では連呼してます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
♪〜もしかしてだけど、♪〜もしかしてだけど、
本県が振り込め詐欺被害ゼロを達成したら
日本一賢い県として有名になるんだけどね。
畠迷惑Roger
2017/02/23 20:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
「おめえサギだな」ガッチャン 酒飲亭いさんの落語ごろごろノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる