酒飲亭いさんの落語ごろごろノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 品川心中

<<   作成日時 : 2012/07/15 08:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

このところ夜勤が続いて体のリズムがなんかヘン。
変な時に突然眠くなるし、
頭がボーっとしてる感じです。
落語をやる調子としては最低かも。
とはいいながら、
21日のQ.庵で「品川心中」をやりますよと言っちゃったし…
まだ覚えられないんですけど、
まあ、なんとかなるでしょう。
(このズボラがダネなんだよね)

ところで品川心中、
これほど題名は有名な噺なのに、
聞いてる人はほとんどいないんじゃないかな?
落語好きはさておいて、
普通の人が聞く機会はあまりない。
かく言う私も、大学時代は聞いてないし、
今に到るも、本とCDだけでナマは見てない。
ただ心中って、刺激的な言葉のせいで誰もが知ってる。
関係ないけど、アンルイスの六本木心中も、
品川…があったから生まれた題名でしょう。(違うかな?)
これ、私の大好きな曲なんです。
仕事の時、飛込みに行くとき、
車の中で大音量でかけてたもんです。
いい具合にテンションが上がるんですよね。

さて、やってもいないのに何ですが、品川心中、
題が有名な割りに内容が知られてないのは、
どうも最後の親分のところのドタバタが、
取って付けたようで、蛇足感があるためなんですかねェ。
面白い場面には違いないんですが、
これが無くても品川心中は十分成立してますからね。
ただ、こういうドタバタが存在すること自体が、
作家が作ったモンじゃない落語の醍醐味と言えるのかもしれません。
いずれ誰か改作する噺家が出てくるんじゃないでしょうか。
ちょうど「船徳」の冒頭、
大枡の親方が若い者を呼びつけるシーンを一部省いて演る、
噺家さんが増えてきてるのと同じように。

ナニ、あれは時間の都合です?
ああ、そうでしたか…

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
品川心中 酒飲亭いさんの落語ごろごろノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる