酒飲亭いさんの落語ごろごろノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 仙台新撰落語会

<<   作成日時 : 2013/01/20 10:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日はお仕事の予定だったんですが、
雪のため(?)キャンセルに、
おお、行けるじゃないですか、「仙台新撰落語会」。

40人くらいのお客様、満席です。
初めて見る皆様は新鮮ですね。
山川短志「富士詣り」〜ゆるい雰囲気いいですね、
      開口一番のお客をほぐすのにピッタリの役どころでした。
小豆家豆太郎「強情灸」〜若さ溢れる高座ですね、
      私の感覚には無いものを見られて刺激的でした。
賀千家ぴん吉「転失気」〜面白かった、久し振りに転失気で笑いました。
      イカ徳利はポピュラーなんですかね?
水無月亭六六「三方一両損」〜あご髭の方の落語って初めてでした、
      ダンディーでカッコイイ、噺も任にピッタリ。
招福亭こいく「幾代餅」〜福島でも顔なじみ、久し振りのこいくさんです。
      ドキドキしながら聞けるところに価値がある?(エラそうにスイマセン)
櫻川后左江「踊り、伊勢音頭、かっぽれ」〜いい彩でした。
      落語を聞くのは結構疲れます、そういや昔かっぽれ練習しましたね、
      モノに出来なかったのはもったいなかった、残念。
天地家創造「薮入り」〜上手い、金馬師の薮入り、そのまま出来るのってスゴイ、
      自分もこれ覚えたんですが去年は一度もやらなかった、拙かったから…
      お土産は扇子を使うんですね、勉強になりました。
      落ち着いた語り口が持ち味なんでしょうね、他の噺も聞いてみたい。

お仲入り(10分)
1時半開演、この時点ですでに4時、
お仲入りでお客様が半分くらい居なくなっちゃいました。
私も6時からアオウゼ寄席なんでそろそろ出なくっちゃ、
すゞめさんに電話して6時半までお許しを頂きました。
よし、5時までねばって顔だけは全部見るゾォ〜

剋家清生「鰻屋」〜文句無し、プロっぽい。余計なことを考えずに楽しめます。
      仕草で見せるこういう噺にあこがれます。
桂友楽「つる」〜教養講座の講師をされてた方(?)と思います。
      手馴れた感じなのは時間調整だったのかも?
裁落亭とんぼ「味噌蔵」〜身内なんで割愛、でも(やっぱりやるんかい)
      とんぼさんの味がちゃんと出た熱演でした。
翁家さん楽「動物園、南京玉簾」〜こういう演芸ってホントに正月の寄席らしい、
      いいですね、手拍子のみでやるとこなんざぁーシビレます。
親夜亭目ぼそ「小言幸兵衛」〜同じ落語をやる者として、
      途中退席はご法度なのは重々承知、
      どうしても顔だけは見たかったものですから失礼しました。
      
巳年だけにかなりヘビ〜な内容でした。
久し振りの寄席、まして正月、顔見世的なことも考えると、
客にはちょっとツライんですが、力が入るのは何処も同じ。
でもベテランと若い人のバランスが良くて楽しめました。
お客様の年齢構成もいい塩梅、
そして何より仙台のお客様はアタタカイ。笑い声が出るのがいい。
夜の福島の席の寒いこと、沖縄と北海道くらいの体感温度差?
まあ下手なだけという説が有力ですが…

あらためて落語って人なんだなぁと実感、
「らくごのくに」へお招きしたい方々がたくさんいました。
ご期待ください!!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
仙台新撰落語会 酒飲亭いさんの落語ごろごろノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる