酒飲亭いさんの落語ごろごろノート

アクセスカウンタ

zoom RSS Q.庵で「目薬」をおろしました

<<   作成日時 : 2013/07/18 09:17   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は雨で仕事が中止に、正直嬉しい。
昨日の夜はQ.庵で帰宅したのが11時半。
雨がひどかったので道具も車から降ろせなかった。
「そばと落語の会」は終わるのが9時くらい。
ほとんどのお客様はそこで解散になるんですが、
時間のある方はお酒になります。
Q.庵の大将と親しいごく少数の方々。
カナールのシェフご夫妻も常連です、
いつもワインとちょっとしたツマミをご持参。
イベントの片付けもしながらのプチ呑み会、
楽屋ウラって雰囲気です。

シェフは大変に忙しい方。
市内の学校数箇所で講師、日仏協会、飲食関係の役員、審査員、等など。
お弟子さん達は有名ホテルの料理長さんが目白押し。
もちろんレストランが本業なんですが、
県立美術館と図書館の真ん中が立地なんで、
イベントのときはパーティーもあるし、
夜は予約のみなんですが、
遠隔地からもわざわざ食べに来るという斯界の有名店。
ご自身はフランスで修行してコンテストの優勝多数という腕利き。
業界のボスってな感じです。
流れにまかせて仕事をしていると全くOFFが無くなちゃうので、
月に一度のQ.庵の会が息抜きのようです。
坂口良子似のカワイイ奥様がだいたいご一緒です。
この奥様がけっこう笑ってくださいます。
それを見ているのがシェフの楽しみなんでしょうね。
いい感じのご夫婦で、こちらも幸せな気分になれます。

そういえばご夫婦でお見えになる方がけっこうあるんです。
皆さん、旦那さんが奥様を大切にしてるのがよく分ります。
こりゃ夫婦円満の秘訣は落語ですか?
そういうお役に立っているなら有難いことですなァ。
Q.庵の女将さんからは、どぎついバレ噺はダメだしされてます。
これはその辺の事情もあってのことですねェ。

「目薬」はネタおろしって言うのが恥ずかしいくらいの小噺です。
おマヌケさと少々の色気があって、これぞ落語だァ〜てな感じです。
演出は過剰にならないように、
尺を伸ばしたかったのでエピソードを加えました。
少々不安を持ちつつご披露。
思ったよりいい反応でしたが、
仕草というか目線がちょっと難しかった。
おシリを覗き込む先にちょうどS様の顔があって…
変えりゃいいんですが、
途中で目線を変えるのは噺が混乱…までしなくても目が泳いじゃうし、
まあちょっとずらす程度で上手く納めないといけません。
慣れてくれば出来るんでしょうが、
初物なんで後に不都合が出るかも分かりませんし、
練習不足もあいまって迷いました。
瞬間的に色々考えるもんです。

この噺は本編10分程度。
それも前半部分は余計なような気がします。
削って何か別のモノを入れたいんですが、
思ってるだけでなかなか出来ないもんです。
今日のようにオマケみたいな日はチャンスなんですがね…

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Q.庵で「目薬」をおろしました 酒飲亭いさんの落語ごろごろノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる