酒飲亭いさんの落語ごろごろノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 河岸段丘

<<   作成日時 : 2014/05/31 14:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

国道4号線を北上していくと、
桑折町の入り口で坂道になります。
高低差は20〜30mくらいでしょうか。
この坂というか、崖の連なりが盆地の辺縁部に見えます。
福島に来て間もない頃、
福島盆地の成因は隕石の衝突ではないかと思いました。
クレーターというわけです。
中央部の信夫山が、衝突で出来た中央山地とすれば合点がいきます。
ところがこれは全くの的外れのようで、
正解は阿武隈川の河岸段丘です。
この段丘上から福島盆地を見下ろすと、
今は堤防があって川の姿は見えませんが、
その昔には、たぶん蛇行した川が見えて、
広がる平地は氾濫原というわけです。

伊達崎小学校北側の段丘上には、
鎌倉から室町期の伊達崎城跡の遺構があります。
土塁の一部が残っていますが民家が建っていて、
当時を思わせるものは小さな看板一枚です。
ただこの丘からの眺めは素晴らしい。
東には霊山、西には吾妻小富士、広々した大地が一望でき、
支配者としては満足感に浸れる場所に違いありません。

最近この近所で交通誘導をしているのですが、
のどかというか別天地というか、
田畑が広がっていて、自然が豊かです。
人も車も少ないながら通りますが、
それより、ヘビが道路を横断するのによく出くわします。
正直あまり会いたくないのですが出てくるんでしょうがない。
ヘビにもやばい所を通ってるって意識はあるらしく、
いかにも大慌てで藪に駆け込む…
いや這い込む様子がちょっとだけ可愛らしくも見えます。
滅多に車は来ませんが、もしヘビが轢かれそうなら…
迷わず車を止めるでしょうね。
アタシャ何のために交通誘導をしてるんでしょ?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
河岸段丘 酒飲亭いさんの落語ごろごろノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる