酒飲亭いさんの落語ごろごろノート

アクセスカウンタ

zoom RSS お江戸の言葉が分らない

<<   作成日時 : 2014/07/25 08:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

23日の夜はQ.庵の会でございました。
今回はこの会には珍しい若い方がお二人お見えです。
20代前半の男女ですからウチの娘と同じ年頃。
昔の勤務先の方々ですが、
私がリタイヤしてから入社しているので初対面。
先輩のSさんに無理やり連れてこられたんですね。
お気の毒です。

いつものように二席終わったところで、
どうも物足りないような気がして、
「井戸の茶碗」を追加しました。
思いつきで出来る噺じゃありませんので散々な内容でしたが、
それはまあ想定内。(負け惜しみ…)
ところが、くだんの女性の感想が想定外。
分らない言葉が気になって、
楽しめなかったご様子です。

確かに、「売卜」(ばいぼく)、「売物」(ばいぶつ)などという、
普段聞きなれない言葉が出てきますが、
流してもらえば、後で分る仕組みになっているので、
楽しむのに支障はないと思っていたのですが、
これがズーっと頭に残っていたようです。
彼女は子供の頃、時代劇が好きでよく見ていたそうですが、
TVとナマでは若干違っていたのでしょう。
って言うか、こっちのやり方を変える必要があるのかもしれません。
どうしたらいいのか、ちょっと見当がつきませんが…

そういえばこの頃、時代劇を見なくなりましたね。
時々放送されるものの、言葉がナンカ変。
たぶん漫画の影響でしょうが、
なんにでも「…でござる」式の侍言葉に違和感を感じます。
「ござりたてまつる」をつければ良いと教えた大家と同じで、
落語じゃないんだから…
あれなら、丁寧な話言葉の方がよっぽど雰囲気が出ます。

さて今日はWヘッターの営業です。
お客様はいいお年の方々なので、
あまり細かいことは気にしないでやることにしましょ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お江戸の言葉が分らない 酒飲亭いさんの落語ごろごろノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる