酒飲亭いさんの落語ごろごろノート

アクセスカウンタ

zoom RSS お笑い学会?

<<   作成日時 : 2015/03/20 10:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いつものQ.庵に桂三金師匠がおいでになるということで、
高座を使わせてとのお話がありました。
ついでにアタシも何かやれってことでございます。
聞くところでは三金師匠は体重120Kgの巨漢!
あの高座ではとっても危ないのですが、
色々工夫をしまして何とか無事にモチこたえました。

経緯(いきさつ)の訳が分らなかったのですが、
仕掛け人の医大の大平教授にお会いして得心しました。
先生は「お笑い学会」てえのをやってまして、
笑いで治療効果を高めようという趣旨だそうで、
仲間の先生には四国の方で名人になった人もいて…
あれっ、それって「芸乃虎や志」さんじゃ…
向こうじゃ私を知らないと思いますが、
我々の中では有名な方でございます。
そういえば「お笑い学会」って聞いたことがありますねぇ。
三金師匠はその関係でお付き合いがあるそうで、
今回は昼間に田村市の仮設住宅でやって、
夜はQ.庵という段取り。けっこうハードです。

お客様は先生のお仲間15名、
お目にかかるのは初めての皆様です。
口開けはアタシが「権助魚」、
ヨタヨタしながらもまあ何とか終了。
続いてお待ちかね三金師匠登場。
師匠は足をケガしていて正座が困難。
膝立ちで見台に手をついての高座です。(イタイタしい)
「こんな時に限って仕事が多い…」
笑いを取っておりました。

上方の噺家さんを聞く機会は滅多にないので興味津々。
一席目「宿題」(桂三枝作)
三金さんは文枝師匠のお弟子さん。
この噺はいかにも三枝ワールドって感じです。
上方の言葉は聞いてるだけで東北の人間にはナンカ面白い。
つい期待しちゃいますし、それを裏切らない展開で楽しめました。
二席目「竹の水仙」
開始時間がちょっと押していたので短めに。
自在に噺を調節できるのはいかにもプロ。
たっぷりといかにも上方噺ってのを聞きたい気もしますが、
それは次回のお楽しみに。
お疲れさまでした。

師匠は開演の前と後に蕎麦を食べてました。
スゴイ、あの体重を維持するのは日々の努力(?)の賜物。
体には少し絞った方がいいのでしょうが、
キャラクターとして噺の一部になってるでしょうからねぇ…

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お笑い学会? 酒飲亭いさんの落語ごろごろノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる