酒飲亭いさんの落語ごろごろノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 三番目てえのは不遇ですな

<<   作成日時 : 2016/06/14 02:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ちょいと旬をすぎましたが、
火星が衝(しょう)になったのが話題になりました。
戦の神マーズ、不吉な赤い星ですな。
ちょうど蠍座の近くなので、
さそりの心臓アンタレスも見えてまして同じ赤なんですが、
明るさが比較になりません。
アンタレスも一等星なんですけどね。
しかも赤色巨星ってえと何となく凄い感じですが、
惑星の明るさの前には霞んでしまいます。
またその近くには土星も見えてると思います。
(天文雑誌を最近買ってないので定かではありません)
90度くらい離れて明るい星は木星ですな。
とにかく惑星は華やかです。

木星と火星の中間あたりのけっこう明るい星、
あれ何だっけ?
回りの星を見て、やっとアークトゥルスと思いいたる。

全天で一番明るい恒星がシリウスってえのは誰でも知っています。
二番目、三番目を答えられる人は天文マニアでもない限り少ないでしょうね。
ちなみに四番目は「こと座」のベガ、七夕の織姫星でお馴染みです。
これだと位置まで特定できる方も多いことでしょう。
何故、ニ番三番は知られてないのか?
二番のカノープスは南半球の星なので日本からは見えにくい。
たまに高緯度地方で写真が撮られると新聞に出たりするくらいですから、
(たしか蔵王の山頂からの写真が日本最北だったような…??)
これはまあ納得できます。
三番は牛かい座のアークトゥルス。
そうです、あの明るい星でございます。
北斗七星の柄杓の柄を延長するとぶつかります。
日本から見易いし、見つけるのも簡単なのにね、
どうして知られてないのか?

学校で習わないとか、夜空を見る必要性がないとか、
街の光で星が見えにくいとか、
星を見るのはダサイ趣味だとか、
夜空を見上げていると良からぬことをしている変態と思われるとか、
様々理由はあるのでしょう。
そもそも牛かい座てえのがマイナーな星座ですな。
黄道上ではないので星占いの12宮でもないですし、
教科書にも出てこない。
劇的な神話に登場するってこともないしね。
まあ、不遇な扱いを受けてます。
やっぱり一番じゃないと人間の記憶には残らないんでしょうな。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
三番目てえのは不遇ですな 酒飲亭いさんの落語ごろごろノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる