酒飲亭いさんの落語ごろごろノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 三遊亭歌之介

<<   作成日時 : 2017/04/11 00:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

NHKの「日本の話芸」、
録り溜めしておいて偶に見るのですが、
全然見ないのも半分くらいは…
なるべく見なくちゃいけないとは思うのですが、
ガッカリすることも多くて途中で止めることもけっこうありました。
この頃、この番組の演者の幅が広がったような感じがしています。
自分の感覚に少し近づいてきたように思ってます。

1月に歌之介師匠が「子別れ」をやっていたんですね。
師は漫談系の創作落語の雄、爆笑をとれる噺家さんです。
鹿児島の出身で、生粋の江戸古典にはない話し方なんですな。
マネをしたくて一度CDを借りてきたことがありました。
面白いんですが自分には出来ないなぁとアッサリ諦めました。
引っかかりのあるしゃべり方というか、
ザラザラの手触りというか、
そこが面白いんですが、マネは無理。
古典を聞くのは初めて、それも「子別れ」ですよ。
あの感触の話し方なら心の深いところに響くのかも…
なんてなことを期待していたわけです。
ドンピシャでした。
クサイと言えば確かにそういう感じもありますが良かったですな。

「子別れ」はだいぶ前に覚えて2〜3回やったかな、普通のでき。
この噺で普通ってえのはやらない方がマシってことですな。
だいぶいじらないと再びやる気にはなりません。
歌之介師のを聞いて何だかやる気が出てきました。
この頃、新しく覚えたいという意欲が低下してるなぁと自覚してましたので、
この感覚は貴重です。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
三遊亭歌之介 酒飲亭いさんの落語ごろごろノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる