酒飲亭いさんの落語ごろごろノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 音痴か…

<<   作成日時 : 2017/04/25 07:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

夢八の動画を検索していたら一琴師匠がヒット。
これ初めて見た時のやつだ!
残念ながら音声のみで絵はなかったんですが、
インターネット委員会ネタのこのマクラ聞いた覚えがありました。
標準語でやっていたんですね。
大阪育ちなのに関西弁の気配を感じさせないのはお見事。
この辺は、小三治師に入門した時から覚悟のうえか…
師匠の写真で思い出しました。
そうでした、師匠の風貌がこの噺にジャストフィット、
っていうか若干人間離れした雰囲気が喋る死体の怪物感横溢です。
こんなにピッタリってマズイんじゃねえ…

さて、このところコレにかかりっ切りだったので、
怪しいけども無理すりゃ何とかってとこまできています。
どうもウマクないのが伊勢音頭、
これの出だしが、「北国の春」(千昌夫)と一緒なんだよな。
そんなことが頭に浮かぶと、後の節回しがアレレってことに。
伊勢音頭自体が耳に馴染んでないからねぇ。
よさこい節みたいなところもあるし…
結構グチャグチャになってます。
だいたい民謡自体がどれも似たように聞こえません?
そう聞こえること自体が音痴の証明?

ところで、今晩のQ.庵どうしましょう?
やりゃ何とかなるような気がしますけどね。
ネタ出ししてるのは「愛宕山」、
先だって「うろこや」さんでやってます。
毛色も違うからちょうどいいか。
だけど「夢八」は大汗をかきそうな気がします。
大声を出すからねえ…
「愛宕山」も大汗なんだよな。
本当は今晩のもう一席は、
「親子酒」あたりでお茶を濁すつもりでしたが、
これを書いてて決めました。
いきましょう。
替えの着物も準備して、休憩もちょっと多めにいただいて…

ってことは伊勢音頭を稽古しとく?
いや、恐れおののいて唄うわけですから、
節なんぞ関係なく大声でメチャクチャにやることにいたします。
こういう逃げ道があるんですねぇ。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
音痴か… 酒飲亭いさんの落語ごろごろノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる